Candy Stripperについて説明する

Candy Stripperとは、株式会社ミニストリーが手掛ける基幹ブランドのことです。主に、婦人服や服飾雑貨を販売しています。デザイン研究所に在籍していた二人が後にデザイナーとなり、始まりました。商品の特徴は、ロック風なグラフィックやポップな色使いです。コンセプトは、no rule no genre no age で年齢に関係なく遊び心を忘れないという自由な発想でファッションを楽しむ女の子や女性をイメージしたデザインの個性的な服を作ることです。
主な客層は、10代後半~20代の女性が多いですが掲げているコンセプトのように幅広い年齢層に、好まれているブランドです。
また、店舗は原宿をはじめ、渋谷、新宿、池袋、名古屋、仙台、梅田、福岡と全国に8店舗を構えています。
オンラインショップでも、商品を販売しているので、欲しいときにすぐ注文することができます。
服のデザインは、主にレディースものがほとんどですがメンズ用の商品も取り扱われています。パーカーやスウェットなどはメンズモデルが着用しているタイプのものが売られています。
流行ものも毎年シーズンごとに取り入れられており、今年だとスタジアムジャンパーやニット、チェスターコート、ジャケットなどが人気の商品です。
お買い物の予算としては、一万円以上は必要になります。ブランドものであり、品質も良いため全体的に商品のお値段は比較的高めの傾向があります。
Candy Stripperは、アイドルやタレント、有名女性モデルが私服として着用していることが多く、ブログや雑誌でも紹介されています。そのため、若い女の子を中心に、人気が高いです。
知名度も高く、おしゃれに関心がある人にはほとんど知られているブランドです。服は、柄物や派手なものが多くボーイッシュタイプの服も多いため男性客にもうけています。
服だけでなく、アクセサリーも個性的なものが多くあります。ハットやシューズ、バッグもデザイン機能性も高いため人気商品です。特に今年は、流行アイテムとしてクラッチバックが登場したため、ブラックタイプの2wayタイプもののクラッチバックが人気になっています。
ビタミンカラーが多い服屋さんのため、このブランドものを着用している子は、元気なイメージに見えるといわれています。また、このブランドをよく購入しているお客様からはキャンスパと呼ばれており、とても愛されているブランドです。海外にも多くのブランドものがありますが、このブランドは日本人が手掛けた日本オリジナルの自慢のブランドです。