私のお話

成人式の時、私は振袖を作ってもらいました。
なかなか素敵なデザインで、私はとても気に入っています。
だからこそ、私は成人式の時だけでなく、お正月の時とかも着ていました。
せっかくのだから、1回着るだけなんてもったいないと思っていたからです。
さて、そんな私のお気に入りの振袖ですが、祖母の話では袖のところで切れば留袖として利用することもできるような感じなのだそうです。
ただ、私としてはあの袖を切ってしまうのはどうしてももったいないと思っています。
やはり、振袖の良さはあの長い袖だと思っているからです。
そう思っている私は、祖母が袖を切って作り直してくれようとしたとき、断りました。
そして今、それは私の実家の箪笥の中に眠っています。
今は結婚をして振袖を着ることが出来ませんが、将来、私の娘が成人式の時にその振袖を着てくれないかなと実は思っています。
私のお気に入りの振袖を娘が着てくれるなんて、私としてはすごく幸せだからです。

ぜひ一度は着てみよう

私は着物に全然興味がありませんでしたが、知り合いの人に着物の展示会に連れて行ってもらうようになり、着物を試着することが、10代の当時、増えていました。
そのうち、自分の20歳の時の振袖を考え始めます。
それで、展示会の時に、20歳の時に着たいタイプの振袖を探すようになりました。
色は赤、花柄と大体決めておきました。
実際に着た時も、スムーズに選べて、決めていた通り、赤い大柄の花柄の振袖を選びました。
そして写真をきちんと撮れましたので、良い思い出、記念となっています。
振袖を着ようか迷った時もありましたが、振袖を着れる年齢は限られていますので、迷う方はぜひ着ておいてほしいと思います。
振袖は独身の間は何歳でも着れると聞きましたが、20歳を少し超えると、もう着る機会もかなり減り、気分的にも恥ずかしい気がします。
ぜひ、若い方は振袖を一度は着て、大切な人と記念撮影をしておかれることをお勧めします。
実際、着る本人は一番楽しいと思います。