レンタルを利用しよう

和服は日本の代表的な衣装ですが、着付けが難しいこと、動きにくさなどもあり、普段はあまり着用する機会がないのは残念に思います。和服を着るというと、今は結婚式など特別なときでないとなかなか着る機会がありませんので、最近は購入するより、レンタルを利用する人も増えています。着物の中でも特に美しく華やかな着物というと、やはり振袖で、主に成人式を迎える女性が多く着用する着物としても知られています。最近はヘアメイクもかなり個性的で現代的になっていますが、やはり着物の美しさを損なわないよう上品に仕上げるのがおすすめです。振袖もあまり着る機会のない着物ですが、でも写真は長く残していくものですから、やはり自分に似合う良い着物を選んでおきたいものです。レンタルの場合は購入することが難しい高価な着物も低価格で利用できますし、帯や小物なども一緒に用意できるのも便利です。振袖を楽しめる機会というのはそう多くないですが、それだけに妥協せず良い着物を選んでいきたいものです。

豆知識

二十歳の成人式で恐らく初めて着る人が多いであろう振袖ですが、私は大学の卒業式で初めてきました。大学の卒業式と言うと袴と言う印象を持った人も多いと思います。しかし実際は3分の1くらいは振袖の人がいました。袴だと足元は無地のものが多いのですが、振袖は足の方まで美しい絵柄が入っています。なので、とても華やかで目立つと他の人にも言われました。大学の卒業式で着るのもお勧めです。振袖は昔は未成年の女性が着るものとされてきました。しかし現在では未婚の女性が着るのが普通とされています。主に着る場所は、成人式、卒業式、結婚式の披露宴などです。未婚の女性にとっての正装なので、正式な場にでる時に着るのです。結婚をしても着たいと言う方もいるかもしれませんが、振袖事態がかなり華やかなので年齢を重ねた顔に似合わなくなってくるのも事実です。それに非常識さが映ってしまうので、常識を尊重してそれ相応の格好をするべきだと思います。